<< 今週末は吉祥寺 | main | キャラバン凱旋 >>

各地に出発です

おたつです。


上旬に名古屋出張があったためモデリングができず、この一週間新作のUPがありませんでした(^_^;)
覗きに来ていただいている皆様、更新できてなくてすいません。
一週間に1回くらいは更新しないといけませんね。

一応、Facebook と instagram をリンクさせて、1〜2日に一回のペースで色々な画像を載せてます。
#tatsuonagahata で検索して頂ければ、ズラッと記事が見れますよー
よろしければ、こちらも併せて覗いてみてください<(_ _)>



さて



名古屋〜吉祥寺と渡り歩いてきたキャラバン部隊。
その後、新作を追加して3部隊に分かれて出発しました。
行き先は・・・・




drama H.P.FRANCE新宿店


drama H.P.FRANCE横浜店


CINEMA H.P.FRANCE大阪店



この3か所に、今週の金曜日くらいには到着します。
週末には、必ず店頭に出します、とのこと。
確実な日程は、スタッフの皆様に聞いてみてくださいね。



それでは、各方面に向かった子達をピックアップしてご紹介しますね。



まずは、先月から展開がスタートした『CINEMA H.P.FRANCE大阪店』からっ







この縦長のプロポーション、私は好きなんですよね。
テリも上々、華やかなピンク寄りの色合いの『ルビー』です。
ショルダーに大小のダイヤを装飾して、派手そうに見えますが
全体的に繊細な作りで、ルビーの色あいも相まってスッと指に馴染むと思いますよー






たしか、CINEMA大阪には初上陸ですね。
上質なクリア・ラブラドライトのレールクラスター!
グレーのイメージが強いラブラドライトですが、tatsuo nagahata  ではレアリティの高い透明なタイプを使います。
さらに、丁寧なカッティング&しっかりと楽しめるシラーが無ければ採用しませんよー
幻想的な色合い&王道ジュエリースタイルをお楽しみください。







このラベンダーピンクの可愛さはどうしたものか。
ふっくらトリリアント・カットの『サファイア』です。
色、テリ、カット、どれをとっても合格点。
ダイヤを添えてますが、全体的にはスッキリシンプルな仕立てなので、
ファインジュエリー初心者の方にもオススメですね(^^)







月初に出品したのは、ビシッとした力強い色あいのバイカラーでしたが
今回は、柔らかい色合いの『バイカラー・トルマリン』
シルキー系のピンクと、クリア〜ほんのりラベンダー?という色あいが可愛いですね。
千差万別、色々なバイカラーをこれからもご提案していきます。が・・・
ビビッときたら、お早目にお迎えくださいっ







こちらも、CINEMA大阪初上陸です。
私の提案する取り巻き、『ニュー・クラスター』です。
フルクラスターよりも抜け感があるのでよりデイリーに使って頂ける&お値段も比較的抑え目になります。
メインの宝石がしっかり映えるのも良いですね。
今回のセンターストーンは『ピンク・サファイア』なかなかの大粒です。
甘すぎない、上品なピンクと丁寧なカッティング。クラス感も上々ですね。
ジュエリーの花型はダイヤ取り巻き(クラスター)だと思っています。
見かけたら、せっかくですので一度ご試着くださいね。心が元気になると思いますっ




続きまして、『drama H.P.FRANCE横浜店』







まずは新作からっ
ウルウル、ツヤツヤ、そして別嬪のピンク、さらにアステリズム!(スター効果)
上質な『ピンク・スター・サファイア』です。
ショルダーには和彫りを施し、クラス感もUPしてますね。
このレベルのスターサファイアも、値ごろ感があり尚且つ美しい子は見かけなくなってきました。
大人の女性に似合うピンクの宝石だと思います。オススメです。







爽やかー!
私、この色合い大好きなんです。
縦長のペアシェイプが素敵な『グリーン・ガーネット』
カッティングは見ての通り抜群。グリーンのキラキラがタマリマセン。
クラウン・クラスターでクラシカルに仕立てました。







『ゾイサイト』
名前は地味なんですが、魅力的な宝石なんですよ!
青紫のゾイサイトが、『タンザナイト』(愛称)なんですよ!お見知りおきを。
とくにこの子は、絶妙なニュアンスカラーですね。マルチカラーっぽい。
分厚く、しかも丁寧にカッティングされているのでキラキラ感も抜群。
これも大人っぽい、魅惑的な一本だと思います。








スピンオフも、横浜には到着しますよー
この子は、『バイカラー・スギライト』
水色と濃い紫、色むらがなんともいえない雰囲気を漂わせていますね。
なんか、宇宙から見た地球みたいだなあ、なんて私には見えました。
色々と想像力をかきたてる一本ですね。







スピンオフの『ラピスラズリ』
この石を採用するか、大いに悩みました。
色々なシルバーなどのアクセサリーにも使われるメジャーな石だし、あえて使う必要もないかな、と。
でも、やはり、この鮮やかな『藍色』は、このラピスしかないんです。
そしてこの子は黒味も少なく、しかも丁寧な正方形のプリンセスカットときたもんだ。
仕入れちゃいました。そして、上品カジュアルなリングに仕立ててみました。
個人的には、とても良い出来だと思ってます。







丁寧なカッティングというモノは、ここまで石を魅力的にするものか、という良い例ですね。
キラキラ感があふれる『ダンビュライト』です。
透明な宝石は通常、肌に乗せると肌色が影響して存在感が一気に薄れてしまいます。
このダンビュライトもそうですが、私の選ぶ透明な宝石は、肌に乗せても
『透明でキラキラしている宝石が堂々と存在して』いるのです。
それはやはり、妥協なきカッティングクオリティへのこだわりです。
この石に、このカッティングを施してくれた職人さんへ感謝ですね。




最後に、『drama H.P.FRANCE 新宿店』






新作からご紹介しましょう。
まずは、シルキーなインクルージョンが印象的な、大粒の『クリソベリル』
インクルは『マイナスポイント』というのがジュエリー業界の基本ですが、
この子のようにインクルがあるからこそ可愛い、という宝石が絶対にあると思うんですよね。






このベースカラー、特徴的ですねー
ブルー系のベースにグリーンの遊色が楽しい『セミブラック・オパール』
ベースカラーがもっと濃紺で、全体にしっかりと色が乗っているとブラックオパールかな。
この子は、ブラックではない分、軽やかな色合い&控え目プライスなのでオススメです。








えーーーーーっとですね。

私のコレクション(といっても会社の在庫ですが)からの放出品です(泣)
透明なサファイアに、インクを垂らしたようにブルーが漂う『バイカラー・サファイア』
宝石の貨幣的価値としては高くないですが、狙って仕入れられるモノではありません。
テリも良く、分厚いカッティングなのでキラキラ感もあるんです。






おかげさまで、ご好評いただいている『ルチル・クオーツ』
そのなかでも、パイライト・インクルージョン×放射状ルチルの組み合わせからなる
『サンフラワー・ルチル』です。
このトリリアントのカッティングといい、サンフラワーの入り方といい、かなりのイケメンです。








ほんのりブラウニッシュ、オトナな色合いのオレンジが素敵な
『スペサルティン・ガーネット』
カッティングも見ての通り丁寧で、上品な輝きなんですよー






はい、来ました、LM1700.

『ミルキーピンク・スピネル・フルクラスターリング』

子どもの頃、憧れていた指輪を具現化したようなリングですね。
お母さんの宝石箱に入っていたような。
縁日のおもちゃ売り場にあったような。
物語のお姫様がしてたような。

とりあえず、遠慮せずにご試着ください。
笑顔になって頂けたら、私はとっても嬉しいです。




如何でしたでしょうか。



ちょっと更新が滞った分、たくさん掲載しておきました。
楽しんで頂けたら幸いです。
そして週末に、お時間が合うようでしたら是非店頭にて愛でてやってくださいね。



そうそう、『drama H.P.FRANCE京都店』にも、『ダイヤモンド・キャラバン』が到着してます。
色石のリミテッドも同行しているそうなので、こちらも是非チェックしてみてくださいね。



それでは今日はこの辺で。



天候が目まぐるしく変わりますね。
皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さい<(_ _)>




 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM